勃起の時間をもっと持続させる方法

  • 5月 25, 2020
  • 5月 25, 2020
  • ED
ED 持続時間

50代にもなると、目に見えて衰えを感じるのが「勃起」に関すること。特に、勃起の硬さや持続できる時間については、「衰えた」と実感することが多いかと思います。

しかし、加齢によるものと諦めてしまうと、より深刻な症状をまねく恐れもあるため、早めに対処することが大切です。

この記事では、勃起を持続できない原因と対策に加え、「病院に行くのは気恥ずかしい」「自分で解決したい」という人におすすめの対処法も紹介していきます。

勃起が持続しない原因を取りのぞこう

勃起が持続しない主な原因として「加齢」「ストレスや体調」「間違ったオナニー」が挙げられ、一番多いのは「加齢」によるものです。

それぞれの原因・理由と対策について見ていきましょう。

①加齢による身体機能・男性ホルモンの低下

勃起は、性的な興奮を感じると、ペニスの海綿体に血液が多く流れ込むことで起きますが、年齢とともに血管が老化すると、勃起に悪影響が出てしまいます。

年齢が進むごとに、顔などの表面の皮膚と同様に、血管壁も弾力性が失われていきます。弾力性が失われた血管は、十分に拡張できず、勃起するのに十分な血液を性器海綿体に送り込むことが出来なくなります。
引用元:浜松町第一クリニック

改善策としては、血管を若返らせ、血流を改善するのに有効な「筋トレ」がおすすめです。「筋トレ」は、勃起との関連も深い男性ホルモン「テストステロン」を増やす効果もあります。

筋トレと併せて、血液をサラサラにするための食生活や生活習慣の見直しも行うと良いでしょう。

②ストレスや過労、体調不良によるもの

発熱などの風邪の症状や、寝不足、過労などの体調不良に加え、ストレスも勃起に影響を与えることが知られています。

特に働き盛りの50代の人は、仕事と家庭で多くのストレスを抱えがちです。

ストレスは、テストステロンを減少させる要因となるので、先ほど紹介した筋トレや、趣味、習い事などでストレス解消を心がけましょう。

③間違ったオナニーによる影響

「床オナニー」などの間違ったオナニーで刺激を与えすぎるのも、勃起の持続時間を低下させる原因です。オナニーの過剰な刺激に慣れ、セックスの刺激に物足りなくなるためです。

オナニーの方法を変えたり、回数を減らすように心がけてください。

本当のEDになる前に勃起力を回復しよう

「持続時間は短いが勃起するから大丈夫」や「最後まで持続する場合もある」といっても、安心はできません。

勃起が持続できず、セックスの失敗を繰り返していると、「心因性ED」になってしまう可能性があります。

いままでは問題なかったが一度失敗してから急に不調続きになったというのもこれにあたります。モノ自体がダメなのではなく、精神的にEDになっているというのが実態です。
引用元:新宿ウエストクリニック

「勃起の持続時間が短い」ことで悩んでいる人は、より症状を悪化させないためにも、早めに対処することをおすすめします。

 

勃起を持続させる簡単な方法

「病院に行くのはまだ早い」という人には、EDの治療に使われる薬「タダライズオーラルゼリー」を試して見るのがおすすめ。EDの薬は、勃起力を改善・サポートしてくれる働きがあるので、持続時間の短さで悩んでいる人には特に効果的です。

「タダライズオーラルゼリー」は、約36時間も効果を発揮し、「勃起の持続できず悩んでいたが最後まで硬さを保てた」「効果も硬さも申し分ない」といった口コミが多く寄せられています。

タダライズオーラルゼリーは、他の薬と比べて食事やアルコールの影響を受けにくく、ゼリータイプで水なしでも飲める使い勝手の良さも好評の理由です。

他の薬と比べると副作用も少ないのも大きなメリットです。「特に副作用は感じない」といった人がほとんどで、症状が出る人でも、軽い頭痛や鼻づまり、ほてりといった程度なので、初めての人でも安心して服用できます。

病院で診察を受けなくても、通販で安く購入できるので、「まずは自分で治したい」という人は、タダライズオーラルゼリーを試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

タダライズ ゼリーの通販サイト オオサカ堂の「タダライズオーラルゼリー」は、ED治療薬の世界シェアNo.1「シアリス」のジェネリック。ゼリーなので錠剤タイプよりも吸収が早く、より即効性に優れています。空腹時じゃなくても使えるので、[…]

かまぐら100ゼリー